header

人工軽量骨材について


人工軽量骨材とは

構造用人工軽量骨材とは、膨張頁岩等を原料とし、これを人工的に焼成・発泡して得られる構造用軽量 コンクリートの骨材であり、骨材の内部に空隙を保有し、表面が緻密なガラスで覆われた軽くて強い骨材です。
この人工軽量骨材を用いたコンクリートが軽量コンクリートであり、軽量 コンクリートは天然の石や砂を用いた普通コンクリートと比較して以下のような特徴を有しています。

「軽い」画像   「優れた断熱性」画像
軽い!   優れた断熱性能


認定する骨材

ALA協会が認定する人工軽量骨材の銘柄及び性能等を表-1に示します。
表 1:ALA協会の認定する人工軽量骨材
銘柄 製造元 仕様
絶乾密度
(kg/l)
24H吸水率
(%)
粗粒率 実積率
(%)
メサライト 粗骨材 日本メサライト工業(株) 1.29±0.05 10±3 6.35±0.30 60〜65
細骨材 1.65±0.05 10±3 2.75±.015 53〜58
太平洋
アサノライト
粗骨材 太平洋セメント(株) 1.25±0.05 10±1 6.35±0.30 63〜65
細骨材 1.70±0.05 10±1 2.65±0.15 52〜54
粗骨材   細骨材   粗骨材断面
粗骨材
(膨張頁岩系)
  細骨材
(膨張頁岩系)
  粗骨材断面
(膨張頁岩系)

ALA CONCRETE